HUMALLAGE

代表挨拶

代表

塾は勉強の場であると同時に、
人づくりの場であると、私たちは考えています。

弊社は、2016年春をもちまして、創業30周年を迎えました。
私の実家の八畳間で木村塾を始めてから四半世紀以上の時間が流れましたが、
その間「子どもたちにとって『理想の塾』を創る」ことを使命に持ち続け、
具現化することに邁進して来たつもりです。

「塾なんだから、成績さえ上げていればいい」

「合格実績が地域でNo.1になったんだから、勉強のできる子だけを集めてブランドを確立させた方がいい」

そんなことを言われた時期もありました。塾の経営だけ考えるならば、全くの正論だと思います。
ただ、私自身の子ども時代がそうであったからなのですが、あまり光の当たらないある意味「マイナー」な子どもたちが、それまでの自分を変えていける、そんな場所にしたかったのです。

「塾は勉強の場であると同時に、人づくりの場である」

塾ですから成績を上げることは至上命題です。当然、成果として出さなければなりません。
しかし大切なのは、その成果を出すための過程だと考えます。
勉強への取り組み方、勉強をすることの意義をどう考えるのか。
そうしたことを通して、子どもたちが人としての「生き方」を定めることのできる場であることが、私たちの社会的使命だと考えているのです。

株式会社ヒューマレッジ 
代表取締役
木村 吉宏

人生の勝利の方程式 七カ条

第一条いつも明るく元気いっぱいの挨拶を自分からすること。
第二条「しんどい」「ムリ」「ダルい」などの“マイナス発言”は、教室ではもちろん、
自分一人のときも絶対に口に出さないこと。
第三条全てのことに「お願いします」の気持ちで取り組むこと。
第四条自分の能力・可能性に自分で“限界ライン”を引かないこと。
自分は必ず成功すると心の底から思うこと。
第五条「普通では無理」と思うような高い目標を期限付きで具体的に掲げ、
地道な努力を決してやめずに続けること。
第六条何かしてもらったときに「ありがとう」と言うことはもちろん、
全てのことに対して常に感謝の心を持つこと。
第七条他人を喜ばせる、幸せにすることが自分の幸せだと考えること。